完成して住んでいるけど、思っていたのと、なんか違う感じ!

建物を計画するにあたっては、間取りや配置などのいろいろな希望が湧いてきます。しかし一方で、予算や建築基準法その他の法律により制約を受ける場合がでてきます。これらの制約の中で、あなたの希望をできるだけ計画に反映させて、具体化していく作業をする建築士は、専門的な知識や経験を持っています。建築士と納得のいくまで十分に話し合うことは、法律を理解し、満足のいく建物を建てるための第一歩です。しかし、納得する家づくりの方法は古今東西ただ一つだけあります。それは、ここをクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA