戸建住宅の建築設計監理報酬額の基準労務時間

○国土交通省告示第十五号建築士法(昭和二十五年法律第二百二号)第二十五条の規定に基づき、建築士事務所の開設者がその業務に関して請求することのできる報酬の基準を次のように定める。平成二十一年一月七日 国土交通大臣 金子 一義

別表第 15 その他の戸建住宅(別添二第十五号(第1類)関係)
(単位 人・時間)
床面積の合計 100m2 150m2 200m2 300m2
設計 270 360 430 570
工事監理等 120 170 210 290

 

上記の表から、床面積が30坪の住宅の場合、設計に270時間、工事監理等に120時間の建築士の実務労働時間が必要で客様に請求できる労働時間と読み取れます。これに各種経費が加算されます。これが世間で言われている設計費用は建築工事費の10%前後の根拠になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA